ガラケーからスマホ

MENU

ガラケーからスマホ

ガラケーからスマホ

 

wimaxは回線工事がいらないのでwimaxがあれば即日インターネット接続OK!
今話題のwimaxキャンペーン
wimax乗り換えでうまく切り替えよう!
ガラケーからスマホからwimaxへ乗り換えキャンペーン
wimaxは回線工事がいらないのでwimaxがあれば即日インターネット接続OK!
引っ越し計画があるなら
真っ先にwaimax購入申し込みしましょう
端末あれば回線不要だからネットスイスイどこでも可能!
wimax端末もって引っ越しすれば
情報切断全くなし・・・
さらにwimax2なら通信速度は一気に大幅に早くなる!
wimaxは下り最大40Mbpsが・・・下り最大220Mbpsとびっくり変化!

 

wimax申し込みにルーター選びも大事

 

外出---家の外で持ち歩くならモバイルWi-Fiルータのタイプがおすすめ
自宅でのみ利用したいなら--ホームルータータイプがいいでしょう

 

迷うのが契約先プロバイダーとwimaxプラン選びですね
プロバイダーによってはきゃっすバックキャンペーンもあるのでうまく目的適したプロバイダー選びがポイントですね
プランは通常プランなら月間7GBまで
今人気のギガ放題プランは月間データ量制限がないプランです
但し速度制限は3日間で3GB以上利用時にあります

 

wimaxエリア品質問題

wimaxは高速無線通信サービスであり、モバイルルータだけでなくau向けのスマートフォンにも搭載されております。
約5年前の話になりますが、スマートフォンの3G回線だと期待した通信速度が出てなかったため、素早く情報収集ができなかったことがありました。
このため、wimax対応のスマートフォンを購入しました。
自宅のアパートでwimaxを試した結果、wimaxが圏外のため、使用できませんでした。
しかし、自宅を出たらwimaxが圏内になりました。
wimaxのエリア内にいることは確認したが、建物内にいることで電波が遮られていた場合、wimaxの電波は入らないようです。
自宅で使用できず、ガッカリさせられました。
その時はwimaxの電波が入るかどうかは、wimaxルータを借用して確認すればよかったと思いました。
wimaxより通信速度が向上したwimax2+と呼ばれる無線通信があります。
しかし、LTEとwimax2+両方使用可能なモバイルルータを自宅で使用した結果、wimax2+もwimaxと同様、建物内にいることで電波が遮られたため、電波が入らず、圏外で使用不可でした。
しかし、LTEは電波が入ったため、高速通信が使用できました。
その時の原因は、wimax2+もwimaxと同様、障害物に弱い電波を利用していたからでしょう。
このため、圏外で思うように使えなかったのが非常に残念でした。
ネットで確認したところ、やはりwimaxとwimax2+は評判や口コミで接続出来ない例が見受けられました。
電波が入りやすいのは、wimaxよりLTEですが、LTEは設定した使用量以上の通信を行った場合、速度制限が発生してしまいます。
結局どちらも長所と短所があると判断出来ます

理想は、速度制限がなく、繋がりやすい高速無線通信サービスです。
今は、wimaxは繋がらないといったエリア品質問題を多く改善し、信頼を回復がされてきた時期でもあります。
選択のポイントは自分の利用形態に一番適したネット接続の方法手段を選択するのが当たり前ですが必要と思われます

 

WiMAX2+を使用してみてメリットとデメリット

実際に使用してみてメリットとデメリットを簡単に上げていきたいと思います。
まずメリット@外でも使えることです。
これに関しては書かなくてもわかると思いますが、光回線などは固定回線なので無線RAN等を使用しないと使用する場所が限定されます。
A通信制限がない。他社のモバイルだと通信制限がある物がほとんどだと思います。
例えば、1か月〜GBまでとか〜GB以上使用したら速度規制が入りますとか。しかしWiMAXだと通信規制を気にせずガンガン使えますので、仕事でも使いたい人などに特に便利です。B料金が安い。光回線からWiMAXに乗り換えたのですが、月々3000円ほど安くなりました。
値段は契約プランの違いで変わりますので一概に○○円安くなります!とは言えませんが、安くなったと話している人がほとんどです。
C契約したその日から使える。固定回線だと工事の立ち合いなどの面倒な作業がありますが、家電ショップに行き契約さえ済ませれば即日使用できます。

 

次にデメリットを上げていきます。
@固定回線に比べて通信速度が少し劣る。
やはり通信速度にかんして固定回線に劣ります。
数字で書くと下り最大40Mbpsで通信します。
数字ではわかりにくいので、簡単に書くとHD動画の再生やネットのゲームなどを頻繁に使う人には向いていません。
というより私の場合はHD動画の再生すら出来ません。
しかしネットサーフィンや通常の動画の再生程度なら、止まることなく使えるレベルです。
一日中ネットゲームしたり、高画質のHD再生をしない人には問題ないレベルです。
A使用エリアが決まっている。
地域によって使用できないエリアがあるらしいです。
私が住んでいる場所は田舎ですが、エリア内でしたので都会じゃないとダメというわけではありません。
現在もエリア拡大中とのことらしいです。
エリア外の場合、モバイル本体に「エリア外」と表示されるらしいですが、私は見たことありません。
かなりの範囲で使用できます。
メリットとデメリットを簡単に上げていきましたが、私が上げた事がすべてではないので興味があるかたは取り扱っている家電量販店などで詳しい話しを聞いてみるといいと思います。